Professional Life 憧れのウエディング業界で働くプロフェッショナルの1日

ウエディングプランナー 伊藤 順子

Profile ウエディングプランナー 伊藤 順子

大学で衣食住、福祉などを学ぶ。学生時代のアルバイト経験からウエディングの世界への関心を深め、卒業後結婚式場に就職。その後、他業界へ転職するも、ブライダルの仕事へ復帰することを決意。プランナーとして様々な経験を積み、現在はマネジメント業務および後進の指導にあたっている。

  • 7:30 プランナー打ち合わせ
  • 8:00 新郎新婦のお出迎え
  • 8:30 フラワーアーティストとの最終チェック
  • 9:00 新婦ヘアメイク中
  • 9:15 音響担当者との最終チェック
  • 9:30 サービス担当者&司会者との打ち合わせ
  • 10:00 ご親族へのご挨拶
  • 10:15 牧師様 & 聖歌隊との最終確認
  • 10:40 参列者への説明
  • 10:55 いよいよ挙式開始
  • 11:00 挙式中
  • 11:30 挙式直後
  • 11:55 披露宴開始直前
  • 12:05 花嫁の着席サポート
  • 13:30 披露宴中の確認
  • 14:00 披露宴中に新郎新婦へ伝言
  • 14:30 お開き
  • 16:00 新郎新婦退館
  • 16:10 新郎新婦お見送り

仕事のやりがいを最も感じるのは、どんなときでしょうか?
スタッフが悩んでいる時など、さりげなくフォローの一声をかけるようにしています。それがきっかけで、彼女達が元気を取り戻してくれるとうれしいですね。その結果が成約や打ち合わせなど、お客様への対応にダイレクトに反映された時は、なおさらです。お客様が、私個人というよりも JASMAC のプランナーを心から信頼してくださっている時に、この仕事の醍醐味、大きなやりがいを感じます。

どんな方がこのお仕事に向いていると思われますか?
お客様だけでなく、相手の喜びを自分の喜びとして感じられる方ではないでしょうか。またそういった「目に見えない喜び」のために、努力を重ねていくことを厭わない方なら、この仕事で活躍できる資質を持っていると思います。

未来の後輩へ一言
達成感の大きい仕事なので、一緒に頑張りましょう。

PageTop