ウエディングスビューティフルのプログラム&資格情報

ウエディングスビューティフルの3つの資格

-ウエディングスビューティフルが提唱する5つの認定資格-
ブライダル人材の育成に努めるプロを目指すなら・・・

» WB「認定エグゼクティブインストラクター(CEI)」

WBの3つの資格を取得した証として・・・

» WB「認定スリースターメンバー」

ブライダルビジネスのプロを目指すなら・・・

» WBW「認定ウエディングスペシャリスト(CWS)」

まず、日本のブライダルの習得とウエディングプランナーを目指すなら・・・

» WBJ「認定ウエディングプランナー」

ドレスコーディネーターを目指すなら・・・

» WBJ「認定ドレスコーディネーター」

WB協会の資格とランク
チャート:WB協会の資格とランク

Close

WB「認定エグゼクティブインストラクター(CEI)」

未来の優秀なブライダル人材の育成に努める方に与えられる認定資格です。
CEI認定カード
CEI認定カード
認定条件
  1. 通算3年以上の実務経験+通算3年以上の講師(指導)経験、または
    通算7年以上の講師(指導)経験または実務経験があること。
  2. WB「認定スリースターメンバー」であること。
  3. 高等学校卒業以上の学歴を有し、満24歳以上であること。
  4. 心身共に健康であること。
  5. 国籍不問。但し、十分な日本語コミュニケーション能力を有すること。
認定申請に必要な書類
  1. WB協会指定の認定登録申請書(写真添付)
  2. WB協会指定の講師経験証明書、実務経歴書、誓約書、履歴書
  3. WBJ「認定スリースターメンバー」認定登録証明書の写し
  4. 身分証明書の写し(例:運転免許書、保険証、パスポート、在留カード等)
  5. WB指定の認定登録同意書
認定登録に必要なモノ
  1. カラー写真データ
  2. 認定登録料 15,000円(税別)
CEIとなると
  1. 認定カードと認定バッジを授与
  2. 名刺にWB「認定エグゼクティブインストラクター(CEI)」明記可
  3. WB協会ウェブサイトで紹介
  4. セミナーへの特別招待
  5. WB協会セミナーの講師依頼

Close

WB「スリースターメンバー」★★★

WBW「認定ウエディングスペシャリスト(CWS)」
WBJ「認定ウエディングプランナー」
WBJ「認定ドレスコーディネーター」
の3つの資格を取得した方に与えられます。
★★★認定証
★★★認定証
認定条件
  1. WB協会の3つの認定資格取得が必要です。
認定申請に必要な書類
  1. WB協会指定の認定登録申請書
  2. 3つの資格の認定証写し
認定登録に必要なモノ
  1. 認定登録料 10,000円(税別)
スリースターメンバーになると
  1. 認定登録証明書と認定バッジを授与
  2. 名刺にWB「認定スリースターメンバー」明記可
  3. 希望によりWB協会ウェブサイトで紹介

Close

「ウエディングスビューティフル」&WBW「認定ウエディングススペシャリスト(CWS)」

50年以上の歴史と権威あるWBW「認定ウエディングスペシャリスト(CWS)」の資格を取得できる、日本で唯一の通信教育講座です。

認定証

WBW認定資格取得プログラムとは、ウエディングの専門知識だけでなく、企業マネジメントから顧客心理、語学、コミュニケーションスキルまで、実務を重視した教育プログラムです。

すでにブライダル業界で活躍中の方々も多数履修。本格的な欧米のウエディング演出法や、メンタルな部分での解説内容にも高い評価を得ています。

全コースを修了すると、WBW「認定ウエディングスペシャリスト(CWS)」の資格を取得。名刺などにWBWの会員であること(ロゴマーク使用)、ウエディングスペシャリストの肩書を明記することができます。

テキスト

 

テキストの内容
Cap. 章題 Subject
内容の要約 Summary of Contents カテゴリー Category
1

Starting Your Own Wedding Planning Business

ウエディングプロデューサーとして起業する
志望動機、起業のためのベーシックなマーケットリサーチや広告宣伝活動、将来の目標

Warming-up

ウォーミング・アップ
2

Mental Power

メンタルパワー
目標を持ってポジティブに人生を送ることの大切さ。
成功の可能性を広げるには
問題解決能力を育てる方法

Mentality

心的態度
3

Developing Wedding Expertise

プロデュースの実務を習得する
プランナーの役割。ブライダルに関する専門知識について:アウトライン(聖職者、ベンダー、予算、演出)

Knowledge

専門知識
4

Talk Less Say More

伝える技術 ― 効果的な話し方
コミュニケーションスキルの向上(スピーチを通して)

Communication - Creativity

コミュニケーション - 創造力
5

Wedding Traditions

結婚式の慣習 
世界各国の結婚式にまつわる習慣。結婚に関する歴史的背景、伝統、由来、言い伝え

Knowledge

専門知識
6

The Ultimate You

本当の自分
自己分析。肯定的・否定的な性質。成熟した人間とは

Mentality & Communication

心的態度 & コミュニケーション
7

Tabletop and Tableware

テーブルトップとテーブルウェア 
食器の種類と創造的なテーブルコーディネーション

Knowledge & Creativity

専門知識 & 創造力
8

Wedding Ceremonies - 1

挙式-1
プロテスタント、再婚、ダブルウエディング、軍隊の結婚式について:ルールや進行方法

Knowledge

専門知識
9

Wedding Ceremonies - 2

挙式-2
カトリック、ユダヤ教の結婚式について:ルールや進行方法

Knowledge

専門知識
10

Wedding History and Traditions

結婚式の歴史と伝統
アフリカ系、ヒスパニック、異教徒間等の結婚式
テーマウエディング、海外挙式について

Knowledge

専門知識
11

Developing Management Techniques and Skills

マネジメント・スキルの向上
人材育成の方法:人をモチベートする。良い聞き手になる
花嫁との人間関係構築

Mentality & Communication

心的態度 & コミュニケーション
12

Your Business Forms and Contracts

ビジネスフォームと契約
名刺とパンフレットの作成
さまざまなビジネスフォームと契約書

Knowledge & Creativity

専門知識 & 創造力
13

Wedding Fashions

ウエディングファッション
ウエディングファッション(フォーマリティー、花嫁花婿の衣裳、服飾マナーなど)

Knowledge

専門知識
14

Receptions 

披露宴
披露宴(会場、演出、進行と工夫)

Knowledge

専門知識
15

Wedding Invitations

結婚式の招待状 
招待状(英作文)

Formal & English Letter Writing

フォーマルな招待状の書き方(英文)
16

Final Exam

最終試験
最終試験:特別なテキストはなく、これまでの学習(15章分)の集大成
この章に合格すると WBW「認定ウエディングスペシャリスト(CWS)」の資格取得と英文の認定証が授与される

Wrap-up

すべての集大成・認定試験

Close

「日本のウエディングプランナー育成プログラム」&「WBJ認定ウエディングプランナー」

ブライダル現場の研修マニュアルをもとに作られたウエディングプランナーの実務テキスト&認定資格。ゲストハウスの運営を母体に持つウエディングスビューティフルだからこそ提供できるウエディングプランナーの実務の習得と、業界全般の知識を学べるプログラムです。

認定証
テキスト

日本のウエディングの歴史から伝統・慣習、そして現場での様々な実務の内容やその実践方法、さらに現在のブライダル事情まで網羅したプログラム内容となっております。

最大の特色は、現場の声を反映させた「活きた知識の使い方」や、「研修マニュアルをもとにした実務」まで細部にわたり効率的に学習できる内容になっていることです。結婚を決意したカップルが結婚式を迎えるまでの流れに沿って、どのタイミングでどんな業務を行うのか、その業務に必要な知識は何かをわかりやすく構成し、解説しています。

テキスト学習後の認定試験は、習得した内容を整理し、現場で活かせる力を養うためのもです。合格するとWBJ「認定ウエディングプランナー」の資格を取得することができます。

 

 

テキストの内容
Cap. 章題
内容の要約 カテゴリー
第1章 ブライダル業界
ブライダルの業態・関連企業・ブライダルスペシャリストの職種を現状に沿って解説。業界で働くために必要な知識。 知識
第2章 ブライダル市場
現代のブライダル市場・市場の実態・市場の地域性を解説。業界で働くために知っておきたい情報や知識。 マーケティング
第3章 ブライダルの歴史と慣習
日本の歴史と慣習・欧米の歴史と慣習を時代ごとの背景とともに分かりやすく解説。実践で活かすための知識と方法。 知識
第4章 挙式と披露宴のスタイル
挙式のスタイル・披露宴のスタイルの特徴や現代のスタイルまで解説。挙式は式次第にのっとった動きまで解説。 知識
第5章 婚礼衣裳
婚礼衣裳の種類・トータルコーディネート・衣裳業務のポイントを解説。業界で働くための必須の知識。 知識
第6章 ウエディングプランナーの業務と流れ
ウエディングプランナーの業務と流れを解説。婚礼当日を迎えるまで、結婚式の1日の業務を新郎新婦の動きに合わせて解説。 実務
第7章 新規接客業務
新規接客の流れと必要なアイテム・成約業務の流れと注意点・業務に必要な営業スキルを解説。 実務
第8章 婚礼打合せ業務
招待状・婚礼商品・引出物・進行と演出・テーブルレイアウト・席次表・装飾・書類・手配業務・打合せに必要なスキルを現場の状況に即して解説。 実務
第9章 婚礼施行・進行管理業務
婚礼前日・当日のスタンバイ内容・婚礼当日のスタッフの役割と進行の流れに沿った動きを解説。 実務
第10章 販売促進のツール
ホームページ・ブライダルフェア・パックプランの必要性と構造を解説。業界で働くために必要な知識と情報。 マーケティング
付録 ブライダルサービス接遇
料飲サービスの基礎知識
日本の婚姻に関する法律的事項
練習
問題
1章~10章 ※各12問
章ごとに重要な項目を問う練習問題。各章のポイントを覚えるだけでなく、認定試験対策にも役立ちます。

Close

「日本のドレスコーディネーター」&WBJ「認定ドレスコーディネーター」

ブライダル業界初、ドレスコーディネーターになるためのテキスト&認定資格誕生!!ドレスコーディネーターとして知っておきたい専門知識や、貸衣裳店で働くための実務、さらにトータルコーディネートに必要な美容・花の知識までをこの1冊で網羅。

認定証
テキスト

婚礼衣裳業務に関わるプロとして知っておきたい洋装、和装の専門知識や、貸衣裳業に携わるために必要な実践的技術に加え、ドレスコーディネーターと関連の深い美容・花の基礎知識までを網羅。ドレスコーディネーターになるために必要な知識と実務を一冊の本にまとめた初のテキストです。

今まで服飾業界や和服業界の専門書でしか学べなかったドレスのディテールや着物の知識をブライダル衣裳の観点から解説し、さらに貸衣裳店に勤務する際に必要な婚礼衣裳業務のノウハウをイラストや写真をふんだんに使用してわかりやすく解説しています。

テキスト学習後の認定試験は、習得した内容を整理し、現場で活かせる力を養うためのもです。合格するとWBJ「「認定ドレスコーディネーター」の資格を取得することができます。

 

テキストの内容
Cap. 章題
内容の要約 カテゴリー
第1章 婚礼衣裳業界とは
ブライダル業界の概要から衣裳業界の業態、衣裳関連の職種まで、知っておきたい業界の基礎知識を解説。 日本のドレスコードの基礎知識。 衣裳知識
第2章 新婦の衣裳
ドレスディテールの名称や種類だけでなく、小物の由来や用途、和装の生地や意匠、文様までを、イラストをふんだんに使用してわかりやすく解説。 衣裳知識
第3章 新郎の衣裳
ドレスコードに則ったメンズフォーマルウェアの専門知識から、現代の新郎衣裳の特徴までを解説。和装の部位の名称、家紋の種類や入れ方など、イラストを使用して解説。 衣裳知識
第4章 列席者の衣裳
両家両親から媒酌人夫妻のモーニングコートや留袖、そして親族や一般列席者、ブライズメイド、アッシャー、フラワーガール、リングボーイなどの衣裳まで詳しく解説。 衣裳知識
第5章 ドレスコーディネーターの業務
貸衣裳店、セルドレスショップ、オーダードレスショップ、それぞれの業態の特徴や業務の流れ、業務内容を図式で解説。セル、オーダドードレスショップ特有の業務も詳しく図解。 実務
第6章 貸衣裳店におけるドレスコーディネーターの実務
カウンセリングポイントからフィッティング技術、補整、縫製技術を写真、イラストをふんだんに使用して解説。さらに、業務に欠かせない必要書類の作成や処理方法まで網羅。 実務
第7章 婚礼美容
ブライダルヘアメイク、着付け、エステ、ネイルの基礎知識。ドレスコーディネーターが知っておきたいヘアメイクアーティストの業務、支度の流れを解説。 関連知識
第8章 ブライダルフラワー
ドレスコーディネーターが知っておきたいブライダルフラワーの知識から、ブライダルフラワーコーディネーターとして知っておくべき花の知識、製作方法を解説。 関連知識
付録 和装サイズ表  白無垢/掛下/引き振袖/紋付羽織袴/留袖
着物の畳み方  本畳み/夜着畳み/襦袢の畳み方/袴の畳み方
練習
問題
1章~8章 ※各12問
章ごとに重要な項目を問う練習問題。各章のポイントを覚えるだけでなく、認定試験対策にも役立ちます。

Close

PageTop